原因不明の不妊から2年

授かり婚で出産直後、彼の心の病から離婚という運びになりました。

そして、それから3年がたったある日、現在の夫と出会ったのです。
1年の交際を経て、子供との関係も良好。入籍後、すぐに2人目の子供を授かれないものかと基礎体温を付け始めました。

以前に受診した産婦人科で、妊娠経験のある方は妊娠しやすくなると聞いた事があり、遅くても半年以内には授かるだろうと思っていました。
ところが、気がつけば2人目の話題が出てから1年、妊娠の兆候は表れなかったのです。

婦人科にも行きましたが、原因は不明との回答でした。
基礎体温表もみせましたし、調べ尽くしましたが、タイミングの問題とストレスや気負いし過ぎている事が原因だろうと言われました。
後は夫側の検査もした方が良いだろうという医師のお言葉に、夫にはそれを言い出せずにいました。

子供を幼稚園に預け始め、少し時間が持てるようになったこともあり、私はママの集まる掲示板サイトに経産婦だが現在不妊に悩んでいる旨を打ち明けました。

すると、すぐに書き込みが複数寄せられ、内容を見た私は驚きました。
なんと、二人目以降の不妊に悩むママさんは以外にもたくさんいたのです。
そこで皆口々に話題に出たのは、「マカ」という植物でできたサプリメントの話題です。マカについて調べてみると蕪のような見た目のどこにでもあるようなお野菜と言った感じでした。

半信半疑でしたが早速、夫に話してみると夫が会社のカバンから取り出し、私に渡してきたのはなんと、マカサプリでした。
なんでも、夫も1ケ月程前にコッソリと検査をしており、問題がない事を確認したそうです。そのため、私の表情から察していたようで、マカサプリを購入してくれていたとの事でした。ただ、サプリを渡せば精神的に私が負担に感じるかも知れないと思うと渡せなかったとの事でした。

夫も私と同じ気持ちだった事に嬉しさを感じ、早速その晩からのみ始め、たった1ケ月でなんと懐妊したのです。
今はまだ10週目でつわりが大変ですが、嬉しさの方が先立つ今、つわりは苦になりません。

夫も家事に育児に更に協力してくれるようになり、これからもっともっと幸せが待っている気がします。
マカサプリに感謝です。

子供ができない.net

不妊改善に何かできないかと手探りでやったこと・・・

私は結婚したのがとても遅く、妊活を始めたのも40代に入ってからでした。
夫も40代半ばを過ぎており、二人で「もう子ども無理かもしれないね。」と常々話しながらも、妊活をしていました。
時間が限られた妊活だったので、その中でできることはなるべく何でもやっていこうと思い、早々に不妊治療のクリニックにも通いだしました。
高齢だったこともあり、タイミング指導を経てすぐに人工授精にステップアップしました。
そして人工授精の3度目の失敗の時、医師から体外受精にステップアップしたほうがいいと勧められました。
理由は高齢だということだけで、特に他に問題があるわけではありませんでした。
自分に時間がないことは重々わかってはいましたが、どうしても体外受精に踏み切る勇気がなく、また振り出しに戻って、ゆっくりと自然妊娠を待つことにしました。
もしそれで妊娠しなければ、諦める覚悟でした。
漢方薬やサプリメントで、妊娠しやすい身体になると謳われているものは片っ端から試しましたが、結果は出ませんでした。
そんな時、同級生だった友達が妊娠して、その友達がマカを摂っていたという情報を聞きました。
その頃には半分諦めモードだったのですが、ダメ元マカも試してみることにしました。
しかしこれが私の体質にはよく合っていたようで、数ヶ月後には生理周期が整ったり、生理痛が軽減されたりと、身体が整ったような実感がありました。
そして半年後、無事に自然妊娠をすることができました。身体が整っていたおかげか、妊娠経過もとても順調で無事に出産することができました。
高齢でも諦めないで、地道に体質改善を頑張って本当に良かったと思います。

本格的な不妊治療の始まり

年齢も40歳近くになり、医師からは年齢を考慮して早めに体外受精を検討するよう勧められました。
いきなり体外受精にも抵抗がありましたし、なるべくなら自然妊娠をしたかったので体外受精や顕微鏡受精は最終手段として
とりあえず人工授精から始める事にしました。
人工授精を受けるにあたり、排卵誘発剤を飲む事になりました。しかし私にはあまり効果はありませんでした。
毎月毎月飲み続けましたが、それほどの効果が見られなかったので、飲み薬ではなく注射で排卵誘発剤を打つ事になりましたが
これもあまり効果がありませんでした。この時点ですでに約半年が経ち、私は焦りとイライラで旦那に当たる日々が続きました。
排卵誘発剤を飲み、排卵が起こると思われる数日前にエコーで卵子がいくつあって、どれくらいの大きさに育っているのか
調べる必要があるため、この検査のために会社を早退する事も必要でした。しかも会社には人工授精の事は内緒にしていたので
嘘をついて早退する事がかなりのストレスになっていました。
「どうして女性だけがこんなに苦労しなくてはいけないの?!」本当に不妊治療は女性にとっては精神的にも肉体的にも大きな負担です。
人工授精で子供を授かる事ができるかもと最初は大きな期待を抱いていたのですが、人工授精のスタートラインにも
立てなかった私は自分を責め始め、明るかった性格も暗くなってしまいました。